シンママ助産師☆azusanの奮闘記☆

思春期の野球少年&のほほん女子のシングルマザーの子育ての喜怒哀楽。。。助産師として妊娠・出産・母乳育児について情報発信してみたり。ダイエット経過報告から嵐大好きミーハーなつぶやきまで、自由気ままにつづった雑記ブログです♪

どうか、頑張り過ぎないで…!!感謝をもって周りを見てみたら、決して一人ぼっちではないよ!!!

f:id:aromaniazu:20190105213302j:image

画像、横になっちゃいましたが・・・・

まだまだ、なかなか、はてなブログに慣れませんが・・・💦💦💦

 

Nonちゃんの小学校最後の冬休みの宿題の書初めが、“感謝”でした!!!

 

感謝の気持ちは、いつなんどきでも忘れちゃいけないことだと、年を重ねれば重ねるだけ、だんだんと強く思うことです。

 

 

若い頃、自分一人の努力で生きていると、生きていけると思い込んで、イキっていた時期も、もちろんありました⤵⤵(;^ω^)

 

子どもが小さい頃、つまり、たぁとNonのお父さんが現役プロ野球選手の頃、移籍のたびに大引っ越しで、もちろん両実家ともずっと遠距離で、ひとりきりで、子育ても主婦業も、プロ野球選手の妻も頑張ってる自分!!・・・と酔いしれ?それを糧に無理してたところがありました。

 

今思えば・・・・

 

適度にあきらめたり、

誰かに甘えたり、

自分の弱さを、力不足を認めて、助けを求めることができていれば、全然違う今が待っていたと思うのです。

 

決して、一瞬たりとも一人きりではなかったことに・・・・

助けさえ求めれば、いつでも助けてくれた人がいたことの存在を・・・・

 

自分自身で認めていなかっただけなのです。見えないふりして、苦労話に変えていたのです。

弱い自分を受け入れることができず、強がってた自分は、生きることが本当に下手な、ある意味弱い存在だったと思うのです。 

 

一人で頑張って子育てしてたつもりでも、

一年の半分は家にいなかった夫だったとしても、

 

私はいつも、誰かに支えられていたのです。。。。

 

 

 

 

時を重ねれば重ねるほど、

 

自分は一人ではないこと・・・

 

人は一人では生きて成長しきれなかったことを思い知るのです。

 

いろんな人が自分にかかわってくれたこそ、今の自分があることを思い知るのです。

 

 

 

どうか、どうか・・・・。

 

もしもひとりで、きつい想いや、頑張り過ぎて疲れ切てってる方が、

このブログを見ていてくれたとしたら・・・・

 

それは、もう立派な出会いです!!!!

 

どうか、どうか・・・・。

 

ネット上だけでも吐き出せるのならば、吐き出してください!!!!

 

私はいつでも、あなたの気持ちを聞きたいです!!!!

 

 

決して一人ではないことを

 

子育てしてる皆に伝えたいのです・・・。